2013年04月15日

「優しい子に育ってくれたらそれだけでいい」なんていうキレイ事

今回は中学校2年生になったばかりの生徒のお話です。




活発な性格で運動部に所属する明るい生徒です。




約半年前から指導をするようになりました。




5教科の合計でも100点そこそこしか取れない




落ち着いて座っていられない




多動性付きの典型的な学習障害の疑いが強い子です。




ただ、それは僕ら教師サイドの話で、




親は自分の息子が学習障害だとは思ってませんし、




生徒当人も当然そうとは思っていません。




どうしてそのことを告げないのか?と思われるでしょうか?




これは言えません。




いや、本当にその子のことを思うのであれば、




告げてあげるのが本当の優しさなのかもしれません。




でも、言ってしまうと全てが壊れてしまいそうで言えないものなのです。




また、いやらしい話、そんなショックなことを告げたら




親はきっと契約を打ち切ってしまうでしょう。




それは企業の利益を失うことになります。




できるだけいらないことは言わないのが掟(おきて)なのです。




でもこれを読んでいる親御さんはまずはお子さんと病院へ行くべきです。




子供も病気の一種なんだと認識しないと




治そうとは思わないのではないでしょうか。




さて、その見かけの幼い中2の男子生徒についてです。




この生徒は物を覚える能力が極端に低く




特に漢字の読み書きが苦手です。




社会科の勉強をするにもまず教科書が読めないので




全くストーリーが分かりません。




国語など言わずもがな、数学や理科でも




テストの問題が読めない・理解できないという状態です。




原因はどこにあるでしょう?




簡単です。




漢字を読めるようにさえなれば




大半の問題が解決していくのです。




半年前にその状況で出会って問題は漢字力・国語力にあると診断し




漢字をさかのぼってテストしていくと




ちゃんと読んで書けるのは小学校1年生の漢字だけ




小学校2年生で習う漢字はかなりの数、理解していない状態でした。



中学二年生です!




これは日常生活でも支障をきたすレベルです。




しかし、この子はこの状態で放置されていました。




僕はあえて「放置」と書きます。




どうしてこの事態をもっともっともっともっと早くに収集しなかったのか!




完全に!親の過失です!




共働きで忙しいというのを理由にして放置したのか分かりませんが




いずれにしても途中で子育てに対して心が折れたわけです。




その子は勉強以外では心優しい活発で素直ないい子です。




だから脳に障害があるとかではないわけです。




★    ★




残念ながら現代の日本は学歴社会です。




学歴のある人間は安全な場所で快適に




主に脳みそを使う仕事をし




高額な給料をもらいます。




逆に学歴のない者は、時に危険な場所での仕事もし




夏は暑い、冬は寒い場所などで




主に体を使う仕事をし




満足な給料をもらえません。




一概には決めつけるのは乱暴ですが




大半はそういう流れになってしまう社会です。




学生時代勉強をしなかった事を




深く後悔している人がどれほど多いことでしょう。




自分より後に入ってきた若造の方が




学歴が高いというだけで高額な給料をもらうのです。




自分より安全な場所で楽そうな仕事をしているのに




自分より良い暮らしをするのです。




中学、高校の何にも将来のことなんて考えていない頃に




すでに人生は大きく枝分かれしていたことに



ある日気づくのです。




ではその将来のことなんて何もわからない中学生・高校生に




「何のためにお前は今勉強をしているのか?」を教えるのは誰なんでしょう?




もうお分かりですね。







m9(・∀・)アナタですよ!!!!







おっと、親ですww




そういう私も二人の子を持つ親です。




子供に勉強をやりたいかどうかなんてことを聞いちゃいけません。




力ずくでも(というと無理やりやらせているみたいですがw)




勉強するのが普通なように自然に育てればいいんです。




子供に朝ご飯と晩御飯のメニューを決めさせますか?




おそらく毎食アイスクリームとチョコレートだとかファーストフードになるでしょう。




こんなのダメに決まってます。なぜでしょう




死ぬからです。




必須栄養素が・・・とか言うまでもなく死にますよね




命にかかわることだからこの権利は絶対に子供に譲ったりしませんが、




大人になって仕事がないのだって立派な死亡だと思います。




「立派な死亡」なんて言葉があるのか分かりませんが




少なくとも豊かな生活ではなくなり、




お金の事でケンカが絶えず、




そんな環境で育つ自分の孫達にも




少なからず悪影響は浸透して行き




アナタは2世代に渡って、しかるべき時期に子供を勉強させなかった事を




終生恨まれるのです。




一生懸命子育てしたのに逆に恨まれるのです。




偏った見方かもしれません。




でもその可能性はおおいにあるのです。




★    ★




さてその中二の生徒です。




この子に責任はありません。




完全に親が悪いのですが、




そんなことはもうこの仕事10年以上もやっているんです。




最初から分かっていました。




一つ顕著に表れてしまう部分として




子供の名前に付ける「当て字」です。




もう、どう考えても絶対にそういう読みがない漢字を




大切な子どもの名前に付けてしまう感覚




はっきり言って自分勝手です。




その子は一生誰にも名前を「読んでもらえない」事が




名付けた時点で決定する訳です。




気を付けてほしいのは「呼んでもらえない」ではなく「読んでもらえない」です。




これは親の身勝手ではないでしょうか?




スタイルだとかファッションに偏った




非常に刹那的で将来への展望を欠いた身勝手な行為だと思います。




また漢字の持つ意味や音読み・訓読みを無視していることから




自由にしていい部分は平気で社会のルールを無視できる人間だと




プロファイルすることもできます。




もちろんそうでない方も大多数いることは分かっています。




でもそんなこといちいち弁明しながらブログなんて書くの面倒なんで




その辺は了解して読んでくださいね。




あくまでそういう傾向になりやすいということを決めつけて話しているだけですので。




とりあえず、家庭教師の仕事の一つに




親への教育というものも入ると僕は考えています。




その子供を作った張本人の意識が変わらない事には




その子供をこれから変えていくことに大きな障害となってくるわけです。




平たく言うと親が子供の成長を邪魔しているので




その邪魔者を先に排除しないと仕事がはかどらないという事です。




ですから僕は親にあえて厳しく接します。




子供の現状をありのままに伝え、




目を背けたくなるような厳しい現実を直視させようと




生徒の学力や授業態度について包み隠さず本音も交えて報告します。




親に理性があれば親もそれを「自分事」として捉え始めます。




今まで放置してきた問題に自分も本気で取り組まないといけないと気づくのです。




それで親・生徒・家庭教師の3者が協力体制になると




目的が成就(じょうじゅ)しやすくなります。




こういう形で、不登校だった生徒が立派に復帰したり




無理だと思っていた志望校へ合格が果たせたりした生徒も




過去大勢いました。




しかし、今回のこのケースは大変難航しそうです。




小学2年ぐらいの漢字力であるとかそういった




生徒の実力を正直に報告したところ、




「先生に酷いことを言われた!」という形で反論してきたわけです。




これにはびっくりしました。




完全に現実逃避した親です。




その子は忘れ物も酷く宿題もやってこなくても




平気で笑っていられるほど勉強に対して危機感がありません。




また意識が散漫で授業中も「俺今何やってんだ?」とよく口にします。




忘れ物や宿題については親の協力があれば




ある程度改善されるものなのですが、




その親は何も協力していないにも関わらず




「忘れないようにやってるんですけどねー」と




悪びれず弁明してきます。




宿題をやっていないのに笑顔でいられる子供と




非常にダブってみえます。




完全に自分の劣化したコピーを作ってしまったかわいそうな例です。




おっと勉強に関しての話ですよ




間違って解釈されると人権問題に発展しかねないので。一応。




昔の日本なら学校はお金持ちの家の子しか行っていないなんて時代もありました。




もっとさかのぼると字も読めない人がほとんどだった頃もあります。




でもその頃はそんなものが必要なかったからです。




江戸時代の農民の家に生まれていたら、




勉強なんかよりも少しでも米の収穫量をあげるために




朝から晩まで田んぼに出ていなくてはいけません。




でも今はパソコンもインターネットもスマホもある現代です。




全ての事は「お金」でまかなわれ、




お金を得るために社会へ出て仕事をしなくてはいけません。




農家でも坊さんでも兼業でないと生き残れない、




そんな時代です。




そして最初に言ったように




より豊かな生活を手に入れる為には




どうしても学歴が必要になり、




見栄えの良い履歴書を持っている人に




どんどん先を越されるという現実があるわけです。




山奥で仙人のような生活をする人には関係ないことですが、




便利で快適な生活をしたいのなら




より都心部へ近づく必要があるわけです。




そうなるとよりお金も必要になってくるという当然の方程式があります。




自分の子どもの将来の為に




「優しい子に育ってくれたらそれだけでいい」なんていう




キレイ事だけを真に受けて、




本当に子供に勉強をさせずに育ててしまったら




将来その子供が飢え死にするんです。




そして親は恨まれるんです。




恨まれなくても尊敬されないかもしれません。




「俺は俺の親みたいな親にだけはならない」




そう思われていたとしたら




そんな寂しい人生はないんじゃないでしょうか・・・




後味悪い感じですが




それがリアルな現実世界です。




今日はこの辺で・・・




(*´ー`)ノ


posted by なまず先生 at 05:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。